事業・活動の考え方


せんだいメディアテーク事業は、さまざまな市民や市民グループ、企業や行政などによる主体的な活動が、「ユニバーサルコミュニケーション」などメディアテークの掲げる公共的な活動趣旨によって国際的にネットワークされ、お互いに支援しあうことによって成り立つものと言えます。それぞれの活動単位はあくまで自立的かつ非営利的なものを想定しますが、一方で活動の大小や本拠地等は問いません。

これらは、コア事業(事業全体の継続性や発展性をリアルタイムに維持)、コア活動(メディアテークの活動を実質的に進める市民参加型ワークショップ)、それらと関連するさまざまな市民活動の、3つのレベルに分けられます。関連市民活動は必要に応じてフレキシブルにネットワークされるものとし、コア活動のワークショップも定期的に見直しを行っていくことで、その時その場でもっとも意義深く、将来性のある事業を展開できます。従来は不可能であったこのような事業形態を可能にするのが、ネットワークによるバリアフリーな情報の共有化であり、それを維持するのがコア事業の重要な役目です。

NETWORKED ACTIVITIES

戻る