設計プラン

メディアテークの設計にあたっては、機能を厳密に規定する従来の建築に代わって、21世紀のさまざまな新しい活動形態をいかにフレキシブルに包み込むかという観点を大切にしています。空間があって活動が生まれるというより、活動が空間を形作っていくようなありかたを探ろうとしているのです。各階ごとの基本的な性格は固定されますが、その使われ方については、今後さまざまな活動が生まれ広がっていく中で検討していくことになります。その検討は建物の完成後も引き続き継続されるものです。

延べ床面積 約21500m2 地下2階 地上7階
建設地 仙台市青葉区春日町(定禅寺通り、橋本店向かい)

平成8年10月現在検討中

外壁長それぞれ約50m

7F 創造・蓄積・発信の場
A/マルチメディア・ラボ C/メディアシアター B/メディアアーカイブ C/会議室

6F 新しい表現の実験空間
A/オルタナティブ・ギャラリー B/準備スペース

5F 造形活動と発表の場
A/アートギャラリー、アートワークショップ B/準備スペース

3F・4F 知の探求と収集の場
A/マルチメディア図書館(青葉区図書館) B/準備スペース

2F 出会いと交流の場
A/最新情報コーナー B/市民活動ミーティング C/児童書 D/総合レファレンス、事務室

1F 街につながる都市広場
A/ギャラリーホール、定禅寺広場 B/ショップ、カフェ C/搬出入口

B1F
駐車場

B2F
保存書庫、収蔵庫、機械室


戻る