せんだい教材映像アーカイブ


西多賀あたりのむかしむかし

仙台市教育委員会
1996
10分
VHS

旧名取郡北部に位置する太白区東部は、縄文・弥生期の古墳群、古代律令時代の鎮所跡、鎌倉期の地頭職の居館跡などが歴史教材として考えられる。そこで、今も太白区に残されている三神峯遺跡・裏町古墳・兜塚古墳などを取り上げ教材化した。

動画の閲覧にはRealPlayerが必要です。
RealPlayerダウンロードサイト

西多賀あたりのむかしむかし <1996年制作>

  1. 仙台市のマーク
  2. 字幕 スライドからの同意文章
  3. 字幕 BGMの変更文章
  4. 太白区の様子
  5. 古代の様子
  6. 字幕 「タイトル」
  7. 縄文時代の様子
  8. 三神峯公園
  9. 三神峯遺跡の説明板
  10. 三神峯地区の航空写真
  11. 縄文土器
  12. 絵地図
  13. 山田上ノ台遺跡
  14. 山田上ノ台遺跡の石器
  15. 山田上ノ台の土器
  16. 弥生時代の稲作
  17. 古墳を作る人々
  18. 絵地図
  19. 西多賀商店街
  20. 裏町古墳
  21. 台の付いた壺
  22. 住宅地
  23. 絵地図
  24. 兜塚古墳
  25. 兜塚古墳の説明板
  26. 埴輪の破片
  27. 古墳の大きさを人と比較
  28. 大仏
  29. 絵地図
  30. 郡山遺跡
  31. 郡山遺跡の航空写真
  32. 柱の穴
  33. 想像図
  34. 発掘作業
  35. 出土品
  36. 太白区役所
  37. 字幕 「タイトル」
  38. 字幕 「制作者など」